今流行っているキャバ嬢のドレスを誰よりも早くゲットしよう

  1. ホーム
  2. 着映えのポイント

着映えのポイント

女性

産後にも着用したい

キャバドレスは仕事着としてのイメージは根強く、例えば、ボディコンシャスドレスは優雅・貫禄・魅惑などの装い方となります。たくましくなった二の腕やお腹など、産後の女性にとってキャバドレスの選び方には気になる要素も少なくはなく、ミニドレスには難色が示されています。得策なのは、隠す・盛れる・透けないドレスやインナー選びです。例えば、袖付きペプラムドレスもキャバドレスでは人気のデザインで、お腹を覆い被せ、袖付きで二の腕もカバーでき、華奢魅せ効果に優れています。身体にも細い部分はあり、視線を誘導することもポイントで、デコルテ・背中・足首などを魅せることでバランスよく着こなせます。特に産後は胸元にボリュームがあり、キャバドレスも盛りが意識されています。胸元に自信のある時期には、足首が露わになるミニ丈も視線誘導術で脚まわりをカバーできます。

昼夜問わずに着こなしたい

着映え力も着回し力もあるため、ワードローブとしてキャバドレスではミニ丈のセットアップなどがキャバ嬢のお仕事問わず、着用されています。毎日キャバドレスばかりで飽きるワードローブでは、普段着に着れるセットアップやミニワンピ風のドレスが着目されています。昼には女子会、夜にはそのまま出勤などの女性のファッションにもマッチするデザインが評価されています。ヘアメイクやアクセなどで印象に変化をつけられるよう、キャバドレス特有の煌びやかなビジューなどの装飾を施していないのも、ドレス感を強調させたくない女性から評判です。一例として、ミニ丈ではハイウエストが意識できるタイトな形が単品でもセットアップでも着回せ、主役にも名脇役としても活躍するとして評価されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加